【若手俳優の登竜門】仮面ライダー出身の人気俳優たち【平成ライダー その2】 響鬼 (細川茂樹)、カブト (水嶋ヒロ)、電王 (佐藤健)、キバ (瀬戸康史)、ディケイド (井上正大)



【若手俳優の登竜門】仮面ライダー出身の人気俳優たち【平成ライダー その2】です。

※あらすじ等はWikipediaから引用しています。

6
仮面ライダー響鬼(ひびき)
2005年1月30日 - 2006年1月22日

 仮面ライダー響鬼.jpg
出演細川茂樹 1971年12月16日生 (ヒビキ / 仮面ライダー響鬼)、栩原楽人、蒲生麻由、神戸みゆき、森絵梨佳、渋江譲二、川口真五、梅宮万紗子、秋山奈々、中村優一、村田充、芦名星、水木薫、松田賢二、片岡礼子、下條アトム

あらすじ「日本には、古来 “鬼” と呼ばれる者たちがいた。人間でありながら超人的な能力を持つ彼らは、魔化魍(まかもう)と呼ばれる妖怪の類から人々を守っていた。そして鬼をサポートする人々の体系は組織へ発展し、猛士(たけし)と呼ばれるようになった。
西暦2005年。高校受験を目前に控えた安達明日夢(あだち あすむ)は、母の実家の法事で屋久島に向かう船上で、船から転落した男児を助ける男を見た。それを見て驚く明日夢に男は「鍛えてますから」とだけ言い残して立ち去った。
島を散策しに出た明日夢は、原生林の中で怪物に襲われる。窮地の明日夢の前に再び船上の男・ヒビキが現れる。ヒビキは音叉を顔の前にかざすと、全身が炎につつまれ鬼の姿に変身、怪物に立ち向かっていった。」

 
 WEB細川茂樹公式プロフィール
スポンサーリンク

7
仮面ライダーカブト
2006年1月29日 - 2007年1月21日

 仮面ライダーカブト.jpg
出演水嶋ヒロ 1984年4月13日生/3rd i connections (天道総司 / 仮面ライダーカブト)、佐藤祐基、里中唯、永田杏奈、徳山秀典、山本裕典、内山眞人、加藤和樹、手嶋ゆか、神崎愛瑠、奥村夏未、三輪ひとみ、坂口拓、弓削智久、小林正寛、西牟田恵、山口祥行、梅野泰靖、本田博太郎

あらすじ「西暦1999年10月19日、地球に飛来し日本・シブヤに落下した巨大隕石によりその周辺地域は壊滅した。そして7年後の西暦2006年、人間を殺害しその人間に擬態する宇宙生命体・ワームが出現。ワームに対抗するため、人類は秘密組織ZECTを結成し、ワームに対抗するためマスクドライダーシステムを開発した。そんなある日、ZECTの見習い隊員・加賀美新は、自らを「天の道を往き、総てを司る男」と称する妙な男・天道総司と出会う。その頃ワームが出没し、追い詰められていくZECT隊員たちを見た加賀美はライダーになって戦うことを決意する。しかしカブトゼクターは加賀美ではなく、天道の手中に納まった。天道は何故か持っていたライダーベルトにカブトゼクターをセットして変身、仮面ライダーカブトとなり戦うのであった。」
 
 WEB水嶋ヒロ公式プロフィール



8
仮面ライダー電王(でんおう)
2007年1月28日 - 2008年1月20日

 佐藤健電王2.jpg
出演佐藤健 1989年3月21日生/アミューズ (野上良太郎 /M、U、K、R、W、D良太郎 / 仮面ライダー電王プラット、ライナーフォーム)、白鳥百合子、秋山莉奈、石丸謙二郎、中村優一、松元環季、松本若菜、永田彬、上野亮、石黒英雄

あらすじ「2007年の現代に現れ、時間の改編を企てる侵略者イマジンと、これを阻止するために戦う仮面ライダー電王・野上良太郎、そして良太郎に憑依し力を貸す味方イマジン達の活躍を描く。
イマジンは憑依した人間との間にその望みをかなえるという「契約」を結び、手段を選ばず「契約完了」することで望みにまつわる記憶を呼び覚まし、それを足がかりに過去へ飛び破壊活動を行うことで時間を改変してしまう。それに対抗できる電王に変身できるのは、時間改変の影響を受けない特質の持ち主「特異点」のみ。だが時の列車デンライナーに乗って未来から来た女性ハナが見出した特異点・良太郎はひ弱で気弱、しかも不運続きと一見およそヒーローらしくない。
そんな良太郎に憑依して力を貸すのが、モモタロス・ウラタロス・キンタロス・リュウタロスといった強烈な個性を持ったイマジン達。彼らが憑依することで良太郎は能力のみならず性格も一変する。彼らの力と良太郎の奥底にある正しく強い心が合わさることで電王はその力を発揮する。そして過去へ飛んだイマジンを追って、電王もデンライナーで過去へ飛ぶのだ。
そうして戦いを続ける良太郎の前に、仮面ライダーゼロノス・桜井侑斗と名乗る青年がイマジン・デネブを伴って現れる。良太郎の姉・野上愛理の失踪した婚約者と同じ名前を持つ彼の存在には、この事件の根幹に関わる秘密が隠されていた。」

 
 WEB佐藤健公式プロフィール



9
仮面ライダーキバ
2008年1月27日 - 2009年1月18日

 仮面ライダーキバ.jpg
出演瀬戸康史 1988年5月18日生/ワタナベエンターテインメント (紅渡 / 仮面ライダーキバ)、武田航平、加藤慶祐、柳沢なな、高橋優、山本匠馬、小池里奈、芳賀優里亜、熊井幸平、松田賢二、加賀美早紀、木下ほうか、金山一彦

あらすじ「1986年。世間には人間に化け人間の生命エネルギー・ライフエナジーを吸って生きるモンスター・ファンガイア族が跳梁跋扈し、それに気づいた数少ない人々がファンガイアと戦いを繰り広げていた。ある日、腕利きのファンガイアハンターである麻生ゆりはターゲットであるファンガイアを追い詰めたものの、彼女に惚れたらしい1人の男の乱入により取り逃がす。ゆりの叱責を気にもせず彼女を口説きに掛かる男の名は、紅音也。天才バイオリニストである彼は、こうしてファンガイアの存在を知ることとなる。
それから22年経った2008年。ゴーグルにマスクという奇妙な姿で、ゴミを漁っては魚の骨を拾って回る怪しげな青年がいた。彼の名は紅渡。音也の息子である彼は、父の遺したバイオリン「ブラッディローズ」を超えるバイオリンを作るためにバイオリン職人として修行を続けていたが、他人との接触を極端に嫌う内気な性格のため彼方此方でトラブルを起こしていた。
そんなとき、22年前に逃がしたファンガイアが再び出現。ゆりの娘であるファンガイアハンター・麻生恵が戦いを挑むも、その力に圧倒され危機に陥る。その時「ブラッディ・ローズ」の弦が突如として震え始め、それを聞いた渡は本能に突き動かされるようにファンガイアの元に向かう。奇妙な姿をしたコウモリ・キバットが渡に噛み付いた瞬間渡の身体は鎧に包まれ、異形の姿=仮面ライダーキバへと変貌を遂げた。こうして、父と息子、22年にわたる運命の物語は幕を開けた。」

 
 WEB:瀬戸康史公式プロフィール



10
仮面ライダーディケイド
2009年1月25日 - 8月30日

 仮面ライダーディケイド.jpg
出演井上正大 1989年3月20日生/ボックスコーポレーション (門矢士 / M・U・K・R士 / 仮面ライダーディケイド)、森カンナ、村井良大、戸谷公人、奥田達士、石橋蓮司

あらすじ「西暦2009年。光夏海は無数の仮面ライダーが「1人の標的=ディケイド」に総攻撃を仕掛けて全滅するという夢を繰り返し見てはうなされていた。現実に戻れば家業の「光写真館」に居候している青年・門矢士がきちんと写真を撮らないと客から苦情を受け、謝罪と士への説教をする毎日。
ある日、突如世界のあちこちで謎のオーロラと共に無数の怪人が現れ、人々を襲い始める。夏海と離れ離れになった士は謎の青年・紅渡と接触し、自分がディケイドと呼ばれる仮面ライダーであることを知らされる。夏海と合流した士は、彼女が見つけたバックルで仮面ライダーディケイドに変身して怪人たちを倒すが、世界の崩壊は止まらない。
士は再び現れた渡により、それぞれの仮面ライダーが戦う9つの並行世界が1つに融合し、最終的に崩壊しようとしているということ、そして士は九つの世界を旅してそれを防ぐ使命を課せられた存在だということを告げられる。こうして士は自分の写せる世界を探すために、夏海は夢で見たディケイドへの不安から、異世界への旅に出ることを決意する。」

 
 WEB:井上正大公式プロフィール

※前回の記事に綾野剛(「仮面ライダー555」)を追加しました。
 【若手俳優の登竜門】仮面ライダー出身の人気俳優たち【平成ライダー その1】クウガ (オダギリジョー)、アギト (賀集利樹、要潤、友井雄亮)、龍騎 (須賀貴匡、松田悟志、小田井涼平、萩野崇)、555 (半田健人、綾野剛)、剣 (椿隆之)


少し前の話ですが、NHKのミステリードラマスペシャル『満願』を観たかた、いますか?

第2夜の「夜警」、うなりながら観ました(笑)



 各種ランキングに参加しています。
 トップページもどうぞ → トップページ

 にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ  

















ジャニーズタレント一覧表(2017/1/2現在)

NEWジャニーズメンバー表 新2017 4月.jpg
このブログの最下段に『ダウントン・アビー クローリー家』の系図を載せています。(エクセルで作成しました)
ずーっと下までスクロールしてみて下さいm(_ _)m
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

RSS取得