あの頃のワースト漫画ベスト3『がきデカ』『サーキットの狼』『キャンディ・キャンディ』/漫画専門誌「だっくす」1978年12月号

 だっくす01表紙.JPG 
漫画専門誌「だっくす」を知っていますか?

特集など興味のあるテーマのとき、たまに買って読んでいました。

<Wikipediaより>
「1974年に清彗社から無題で創刊され、同年に『漫画界』という名が付けられた。

1975年7月号から月刊化され、1975年10月号に『漫波』、1976年10月号に『まんぱコミック』、1977年8・9月合併号より『だっくす』に改題すると共に漫画評論誌としての性格を強め、1978年6・7合併号より出版取次を介して流通する「全国誌」(雑草社による表現)となり、1979年1月号から更に『ぱふ』と改題した。

1980年から1981年にかけて、当時の社長と編集長の編集方針の違いなどから清彗社は雑草社(社長派)とふゅーじょんぷろだくと(編集長派)に分裂、清彗社発行の『ぱふ』は1981年1月号が最終となった。
1981年12月号より雑草社の手で『ぱふ』が復刊された。
ふゅーじょんぷろだくと派は、雑誌「ふゅーじょんぷろだくと」を経て、「COMIC BOX」を創刊している。
2011年6月30日に同年8月号を発売したが、翌9月号は本来の発売日(同年7月30日)からいったん延期となった後に刊行中止となり、結果的に8月号で休刊となった。」
スポンサーリンク

1978年12月号に「ベスト漫画・ワースト漫画」投票の最終結果が掲載されているので、当時を振り返ってみたいと思います^^

まずは、ワーストから!!

ワースト漫画
新だっくすワースト2.JPG

新だっくすワースト3.JPG
がきデカ
八丈島のきょん!」や「あふりか象が好き!」が流行語になりましたよね???

<Wikipediaより>
がきデカ』(週刊少年チャンピオン)
山上たつひこ作。
主人公である日本初の少年警察官と自称するこまわり君と、彼が通う「逆向(さかむけ)小学校」の同級生やその周辺のキャラクター達で展開されるギャグ漫画作品。
『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、1974年44号から1980年52号まで連載され、単行本の発行部数は3000万部を超える。」

サーキットの狼』(週刊少年ジャンプ)
池沢さとし作。
1975年(昭和50年)から1979年(昭和54年)にかけて「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載した漫画作品。
愛車ロータス・ヨーロッパを駆る主人公の風吹裕矢が、一匹狼の走り屋から始まり公道やサーキットを舞台にライバル達との競争を繰り広げ、プロレーサーへと成長していく物語。
ライバルとしてポルシェやフェラーリ、ランボルギーニ、マセラティ、日産・フェアレディZ、シボレー・コルベット、トヨタ・2000GTなど、世界中の著名なスポーツカーが多数、劇中に登場。いわゆるスーパーカーブームの火付け役となった。
単行本の発行部数は1977年時点で1100万部を突破し、累計では1700万部を記録している。」

だっくすワースト.JPG
マカロニほうれん荘』(週刊少年チャンピオン)好きでした。

愛と誠』(週刊少年マガジン)
 岩清水 弘「早乙女愛よ、岩清水弘はきみのためなら死ねる!」
 早乙女 愛「りっぱだわ。メガネをかけていて青白くとも男らしい男だわ!」

貴重なご意見
027.JPG
投稿者の住所が番地まで書いてあります…個人情報なんてお構いなしの時代…


ベスト漫画
新だっくす漫画家.JPG

新だっくす漫画家2.JPG

だっくす作品順位.JPG
 19位 諸星大二郎『暗黒神話』(週刊少年ジャンプ)
 22位 ますむらひろし『ファンタジーゾーン』(朝日ソノラマ)
 24位 松本零士『男おいどん』(週刊少年マガジン)
  この3作品はもっと上位に入ってもよさそうな気がします!


来月号の予告
だっくす諸星.JPG
 次号は諸星大二郎特集、その次はますむらひろし特集!!!(垂涎)


裏表紙
だっくす裏表紙.JPG



最後に、個人的コレクションから。「まことちゃん」のバッジです!
030.JPG 031.JPG


 読んでくれてありがとう!
 ランキングバナー、はてブ、ツイート…各種取り揃えております


 にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ  
ジャニーズタレント一覧表(2017/1/2現在)

NEWジャニーズメンバー表 新2017 4月.jpg
このブログの最下段に『ダウントン・アビー クローリー家』の系図を載せています。(エクセルで作成しました)
ずーっと下までスクロールしてみて下さいm(_ _)m
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク