シャープ製ツインファミコンで遊んだあの頃。/ドラクエⅡ Ⅲ Ⅳ、レッキングクルー、ボンバーマン、ミシシッピー殺人事件、ゴルフ、ポートピア連続殺人事件、囲碁、将棋、オセロ、ルナーボール、スーパーマリオブラザーズ

 041.JPG  
押入れの中から引っ張り出してきました~。

シャープ製ツインファミコン

Wikipediaより
ツインファミコン:任天堂が発売したオリジナルのファミリーコンピュータ本体とディスクシステムの機能を兼ね備え、ロムカセットとディスクカードの両方のゲームをプレイすることができる互換機。
当時の価格は32,000円で、これはファミリーコンピュータ(14,800円)とディスクシステム(15,000円)の合計金額よりも高額だった。」



カセットもディスクもどちらも遊べるスグレモノ!
003.JPG 002.JPG


カセットを差し込むとこんな感じ」
004.JPG
スポンサーリンク

手元にあるゲームカセット ドラクエⅡ、Ⅲ、Ⅳ
038.JPG
ドラクエⅠがなぜか見当たりません。…
ちゃんと遊んだのはドラクエⅡまで。
ⅢとⅣはいつか遊ぼうと思って買っておいたもの。
宝の持ち腐れです、ハイ。


手元にあるゲームカセット レッキングクルー ボンバーマン ミシシッピー殺人事件 ゴルフ
040.JPG

好きなファミコンゲームソフトは
ドラゴンクエスト(Ⅰ、Ⅱ)、ポートピア連続殺人事件、ボンバーマン、ゴルフ、スーパーマリオブラザーズ、囲碁、将棋、オセロ、ルナーボール(知っている人います? ビリヤード風ゲーム)など 

シューティングゲームは苦手なので問題外(笑)

ちなみに囲碁のルールを覚えたのはファミコン様のおかげ

ボンバーマンとゴルフは相当やりこみました!
何度やっても飽きないんですよね^^


最も印象深いゲームは、なんといっても
  
「ポートピア連続殺人事件」

それなのに手元にゲームカセットがない!!! 残念…
あの迷路、そうとうてこずりましたねー
そして…犯人が…涙…名作ですよね^^
堀井雄二様シナリオだし。

Wikipediaより
ポートピア連続殺人事件:発売当時の現代日本を舞台にしたアドベンチャーゲームで、プレイヤーは神戸市で起こった殺人事件を担当する刑事となり、相棒のヤスと共に事件の背景を探り真犯人に迫っていく。社会派推理小説を意識したストーリーとなっており、その結末にはどんでん返しの展開が設けられ、真犯人の正体の意外性が話題になった。堀井雄二氏がシナリオを担当。」



それぞれのゲーム画面を写真に撮りました。
テレビをそのまま撮影^^
よろしければどうぞ


ドラゴンクエストⅡ
005.JPG

008.JPG

010.JPG

011.JPG

013.JPG
きりがないので、ドラクエⅡはここまで~。



ミシシッピー殺人事件
029.JPG
うーん…それほど面白くなかったような…


レッキングクルー
031.JPG
懐かしいけどそれほど好きじゃない(笑)


ゴルフ
035.JPG
スライスとかフックとか、ゴルフ用語、覚えました


ボンバーマン
033.JPG
全面クリアしたようなしないような…とにかくトコトン頑張った(笑)


■追記
ディスク版のゲームも持っていましたが、見当たりません~。


それではまた♪
006.JPG



 読んでくれてありがとう!
 ランキングバナー、はてブ、ツイート…各種取り揃えております


 にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ  

カテゴリ別に検索する


スポンサーリンク

ジャニーズタレント一覧表(2017/1/2現在)

NEWジャニーズメンバー表 新2017 4月.jpg